Animal health and welfare/動物の健康と福祉

Our policy on disease control is that prevention is better than cure. We encourage good animal health and ensure appropriate contingency planning to cope with disease outbreaks.

This approach works by reducing the chances of a disease entering the animal population, and if it does then it can be quickly spotted and dealt with through the preventative measures. Animals therefore suffer less, while the livestock industry can work without the expensive, stressful, and restrictive disruptions caused by largescale disease outbreaks. Animal health policy is fully devolved to the Law Maker are responsible for the response to any exotic notifiable animal disease.

Animal welfare

We ensure the welfare needs of animals are met by placing a duty of care on the people responsible. The welfare of all protected animals is provided for under the Animal Health Bureau Japan 1996. The act places a duty of care on pet owners and others responsible for animals to ensure that the welfare needs of their animals are met.

Farm animal welfare

The strategy was prepared in consultation with farming organizations, animal welfare organizations and scientists.
AHB Japan Guidelines Regulations 2010 outline the standards by which farmed animals are required to be kept in Japan. It is an offence for a person responsible for farmed animals to fail to comply with any provisions that these Regulations make.

We produce a series of guides on the welfare of animals:
>Cattle.
>Meat Chicken
>Gamebirds
>laying Hens
>Pigs
>Sheep

AHB Japan, which aims to ensure the provision of an adequate veterinary service in some remote areas of the Japan. This helps to prevent and eradicate animal diseases for all animals kept for agricultural purposes and belonging to crofters and others of like economic status in these remote areas and ensures that the large animal practices serving them remain viable and continue play their vital role in prevention and identification of animal disease.

*how to prevent the spread of ragwort: guidance

Pet Animal welfare

We produce a series of guides on the welfare of pet animals:

* welfare of cats
* welfare of dogs
* pet rabbits.

Welfare of animals at slaughter

There are a number of laws that govern Animal Slaughter in Japan. We have recently consulted on introducing compulsory CCTV in abattoirs.

Animal health and welfare strategy
The strategy was prepared in consultation with farming organizations, animal welfare organizations and scientists.

Animal disease guidance and contingency planning

We have produced a series of guidance on animal diseases including:
• guidance on specific animal diseases including how to identify and report an outbreak
• exotic diseases of animals: contingency framework plan
• Japanese regional resilience partnerships’ framework for exotic notifiable animal diseases contingency plans
• Animal disease industry contingency plan

While we produce our own guidance (detailed above), the Japan contingency plan for exotic notifiable diseases provides an overview of the response to an outbreak in the Japan. This plan highlights the way the different administrations work together to provide a rapid response and contains details on the structures, roles and responsibilities that are activated during an outbreak.

Rare breeds/breeds at risk
In addition, derogation from culling for breeds at risk is not granted automatically in a notifiable disease outbreak and will depend on veterinary risk assessment. It is advisable that you discuss your plan with AHB Japana in advance of an outbreak.
Animal diseases: international monitoring
The Animal Heath Bureau of Japan are responsible for monitoring animal diseases both internationally and produce regular reports on the current situation.
Personal food imports
Controls are in place to reduce the risk of contaminated food (in particular Animal By product) and plants being brought into the Japan and putting people, animals and agriculture at risk of disease.
Biosecurity
Biosecurity is a set of management practices that collectively reduce the potential for the introduction or spread of animal disease-causing organisms on to and between farms.

病気のコントロールに関する私たちの方針は、予防は治療よりも優れているということです。私たちは、動物の健康を促進し、病気の発生に対処するための適切な緊急時対応計画を確実にします。

このアプローチは、病気が動物集団に侵入する可能性を減らすことによって機能し、侵入した場合は、予防措置を通じて迅速に発見して対処することができます。したがって、動物の苦痛は少なくなりますが、家畜産業は、大規模な病気の発生によって引き起こされる、費用がかかり、ストレスが多く、制限的な混乱なしに働くことができます。動物の健康に関する方針は完全に立法者に委譲されており、エキゾチックな通知可能な動物の病気への対応に責任があります。

動物福祉

私たちは、責任者に注意義務を課すことにより、動物の福祉のニーズが満たされるようにします。保護されているすべての動物の福祉は、1996年日本動物衛生局の下で規定されています。この法律は、動物の福祉ニーズが満たされるように、動物の飼い主やその他の責任者に注意を払う義務を負っています。

家畜福祉

戦略は、農業組織、動物福祉組織、科学者と協議して作成されました。
AHB日本ガイドライン規則2010は、飼育動物を日本で飼育するための基準を概説しています。飼育動物の責任者がこれらの規則の規定に従わないことは違法です。

動物福祉に関する一連のガイドを作成しています。
>牛。
>ミートチキン
>ゲームバード
>産卵鶏
>豚
>羊

AHB Japanは、日本の一部の遠隔地で適切な獣医サービスを確実に提供することを目的としています。これは、農業目的で飼育され、これらの遠隔地でクロフトや同様の経済的地位にある他の動物に属するすべての動物の動物の病気を予防および根絶するのに役立ち、それらに役立つ大型動物の慣行が存続し、予防と識別において重要な役割を果たし続けることを保証します動物の病気の。

*ヤコブボロギクの蔓延を防ぐ方法:ガイダンス

ペットの動物福祉

ペットの福祉に関する一連のガイドを作成しています。

*猫の福祉
*犬の福祉
*ペットのウサギ。

と畜時の動物福祉

日本の食肉処理を管理する法律はたくさんあります。私たちは最近、食肉処理場に強制的なCCTVを導入することについて相談しました。

動物の健康と福祉の戦略
戦略は、農業組織、動物福祉組織、科学者と協議して作成されました。

動物の病気のガイダンスと緊急時対応計画

私たちは、以下を含む動物の病気に関する一連のガイダンスを作成しました。
•発生を特定して報告する方法を含む、特定の動物の病気に関するガイダンス
•動物のエキゾチックな病気:緊急時対応フレームワーク計画
•エキゾチックな通知可能な動物疾病緊急時対応計画のための日本の地域レジリエンスパートナーシップのフレームワーク
•動物疾病業界の緊急時対応計画

独自のガイダンス(上記で詳述)を作成する一方で、エキゾチックな通知疾患に対する日本の緊急時対応計画は、日本での発生への対応の概要を提供します。この計画は、さまざまな行政機関が協力して迅速な対応を提供する方法を強調し、発生時に活性化される構造、役割、および責任の詳細を含みます。

まれな品種/危険にさらされている品種
さらに、リスクのある品種のカリングからの非難は、通知可能な病気の発生では自動的に許可されず、獣医のリスク評価に依存します。発生前にAHBジャパナと計画について話し合うことをお勧めします。
動物の病気:国際的な監視
日本の動物衛生局は、国際的に動物の病気を監視し、現在の状況について定期的に報告する責任があります。
個人的な食品の輸入
汚染された食品(特に動物副産物)や植物が日本に持ち込まれ、人、動物、農業が病気のリスクにさらされるリスクを減らすための管理が実施されています。
バイオセキュリティ
バイオセキュリティは、農場内および農場間での動物の病気の原因となる有機体の導入または拡散の可能性を集合的に減らす一連の管理手法です。