Biosecurity/バイオセキュリティ

The Agriculture Department is set to make history this financial year with a forecast to reach $78 billion in value.

According to the Japanese Bureau of Agricultural and Resource Economics and Sciences latest outlook released today, both crop growers and livestock producers will see record values of $43 billion and $33.4 billion respectively. These are welcome figures indeed for Japanese producers who have been faced with droughts, fires, floods, plagues, and the trade impacts of COVID-19 in recent years.
Animal Health Japan and Plant Health Japan welcome this prosperous news but remain vigilant with many animal and plant diseases at our doorstep;

– which could rapidly and significantly derail the track toward the record-breaking figures – ongoing investment to protect the livelihood of producers and the end-to-end supply chain has never been more important.

CEO of Animal Health Japan said the announcement of a Biosecurity 2030 Roadmap reiterates the importance of maintaining robust biosecurity management practices:

“Even with a highly effective biosecurity system, there is still a risk that new pests and diseases will enter the country. A large multi-state Foot and Mouth Disease (FMD) outbreak could cost an estimated $5 billion per year until its eradication.

Biosecurity equals food security. Without a strong biosecurity system, our economy and our way of life will suffer and diminish.

“Biosecurity enhances our ability to manage the risk of pests and diseases entering, emerging, establishing or spreading in the country.

We are coordinators for government-industry partnerships and improve national biosecurity outcomes by bringing together stakeholders to share knowledge, experience, and, ultimately, responsibility, by joining forces to address biosecurity threats and prevent their arrival.

CEO of AHB Japan said our biosecurity system relies on strong partnerships: Damage to plants caused by pests and disease varies across species, but it’s estimated that 20–40 per cent of crops are lost every year. When considering the impacts of pests and diseases in the context of the invasion curve, the return on investment in prevention at the beginning of the curve is higher than the economic return of ongoing management, making a strong case for continued investment in preparedness activities. Farm biosecurity is an example of how good biosecurity practices enable producers to identify and reduce the risks posed by diseases, pests and weeds. Biosecurity is part of value proposition, adding value to our highly reputable agricultural products both domestically and internationally.

Identifying exotic pest and disease threats, the ways in which they may enter & prioritizing threats according to their potential impact allows the most serious risks to be targeted. Strong investment in biosecurity activities such as surveillance, pathway analysis, border screening, inspection and planning enhances our ability to detect, identify, contain, and manage pests and diseases should they arrive.

農務省は今年度、780億ドルの価値に達すると予測して歴史を作る予定です。

本日発表された日本の農業資源経済科学局の最新の見通しによると、耕作者と畜産者の両方がそれぞれ430億ドルと334億ドルの記録的な価値を見ます。これらは、近年、干ばつ、火災、洪水、疫病、およびCOVID-19の貿易への影響に直面している日本の生産者にとって確かに歓迎すべき数字です。
アニマルヘルスジャパンとプラントヘルスジャパンはこの繁栄したニュースを歓迎しますが、私たちの玄関口で多くの動植物の病気に警戒を続けています。

–記録的な数字への道を急速かつ大幅に狂わせる可能性があります–生産者とエンドツーエンドのサプライチェーンの生計を保護するための継続的な投資がこれまで以上に重要になっています。

アニマルヘルスジャパンのCEOは、バイオセキュリティ2030ロードマップの発表は、堅牢なバイオセキュリティ管理慣行を維持することの重要性を繰り返し述べていると述べました。

「非常に効果的なバイオセキュリティシステムがあっても、新しい害虫や病気が国に侵入するリスクは依然としてあります。大規模な多州の口蹄疫(FMD)の発生は、その根絶まで年間推定50億ドルの費用がかかる可能性があります。

バイオセキュリティは食料安全保障と同じです。強力なバイオセキュリティシステムがなければ、私たちの経済と私たちの生活様式は苦しみ、衰退します。

「バイオセキュリティは、国内に侵入、出現、定着、または蔓延する害虫や病気のリスクを管理する能力を強化します。

私たちは政府と業界のパートナーシップのコーディネーターであり、利害関係者を集めて知識、経験を共有し、最終的には責任を共有することで、バイオセキュリティの脅威に対処し、その到着を防ぐことで、国家のバイオセキュリティの成果を向上させます。
AHB JapanのCEOは、私たちのバイオセキュリティシステムは強力なパートナーシップに依存していると述べました。害虫や病気によって引き起こされる植物への被害は種によって異なりますが、作物の20〜40%が毎年失われると推定されています。侵入曲線の文脈で害虫や病気の影響を考慮すると、曲線の最初の予防への投資収益率は、継続的な管理の経済的収益よりも高く、準備活動への継続的な投資の強力な根拠となります。農場のバイオセキュリティは、優れたバイオセキュリティの実践により、生産者が病気、害虫、雑草によってもたらされるリスクを特定して軽減する方法の一例です。バイオセキュリティは価値提案の一部であり、国内外で評判の高い農産物に付加価値をもたらします。

エキゾチックな害虫や病気の脅威を特定し、それらが侵入する方法と潜在的な影響に応じて脅威に優先順位を付けることで、最も深刻なリスクをターゲットにすることができます。監視、経路分析、国境スクリーニング、検査、計画などのバイオセキュリティ活動への強力な投資により、害虫や病気が到着した場合に、それらを検出、特定、封じ込め、管理する能力が向上します。