Emergency Animal Disease Response Agreement/緊急動物疾病対応協定

Animal Health Bureau manages the Emergency Animal Disease Response Agreement (EAD), a unique contractual arrangement between Agriculture Department and industry groups to collectively reduce the risk of disease incursions and manage a response if an outbreak occurs. The EAD is a unique contractual arrangement signed in 2000 that brings together the all state and territory governments and livestock industry groups to collectively and significantly increase Japans capacity to prepare for—and respond to—emergency animal disease (EAD) incursions.

The main benefit of the Agreement is the ability to respond quickly and effectively to an EAD incident while minimizing uncertainty over management and funding arrangements. The EADRA covers 66 categorized animal diseases and 23 Signatories to the Deed (governments and industry bodies).

All signatories have agreed to work collectively to reduce the risk of emergency animal disease (EAD) incursions and share the approved costs of EAD responses. The EADRA also provides an innovative framework (outlined below) to combine multiple dynamic approaches to combating EADs.

Participation and cooperation

All parties commit to the participation in an EAD response through informed and empowered representatives who cooperate to determine and direct the response. This unique approach facilitates effective participation across state and territory boundaries and gives each participating industry a ‘real voice’.

Risk management

While the Agreement ensures that funds to combat an EAD are made available and the costs shared among the beneficiaries of the response, it also commits parties to take all reasonable steps to minimize the risk of an EAD occurrence in the first place (eg through the development and implementation of biosecurity plans).

Detection and response

All parties commit to maintaining the capability to ensure early detection of—and an effective response to—an EAD.

Cost sharing

All parties commit to contribute to funding the eligible costs of responding to an EAD by which they are affected. The costs to be shared are identified under the Agreement. Some of the rules around cost sharing can be summarized as follows:

• Cost sharing is aimed at equitable contributions from all parties, commensurate with their respective resource base and status as a beneficiary of the response.
• The total amount of response costs that government and industry parties share in the event of an EAD is capped, depending on the size of the affected industry.
• EADs are categorized according to the impact they can have on livestock industry production (eg international trade losses, domestic market disruptions, production losses), human health and the environment. An EAD’s category determines how much of the response costs are borne by affected industries in aggregate and how much by governments.
• A party that is not a beneficiary of the response is not required to share the costs, but neither does it have a say in determining the response.
• Compensation payable to an owner under state or territory legislation, which may vary from jurisdiction to jurisdiction, may be included in cost-sharing under the Agreement.

Training

Training is an essential part in ensuring the efficacy of a response. The EADRA provides for the training of relevant personnel.

Maintenance of the EADRA

Since 2002, the EADRA has been used in a number of real and simulated responses. When using the EADRA, various parties may identify areas where the Deed could be improved.
To maintain the EADRA, AHB Japan:
• holds regular workshops to address identified issues and amend the Deed as necessary
• prepares supporting EADRA business rules and guidance documents.

動物衛生局は、緊急動物疾病対応協定(EAD)を管理しています。これは、農業部門と業界グループの間の独自の契約上の取り決めであり、疾病侵入のリスクを集合的に減らし、発生が発生した場合の対応を管理します。 EADは、2000年に署名された独自の契約上の取り決めであり、すべての州および準州政府と畜産業界グループを結集して、緊急動物疾病(EAD)の侵入に備え、対応する日本の能力を集合的かつ大幅に向上させます。

契約の主な利点は、管理と資金調達の取り決めに関する不確実性を最小限に抑えながら、EADインシデントに迅速かつ効果的に対応できることです。 EADRAは、66の分類された動物の病気と、23の証書への署名者(政府および業界団体)を対象としています。

すべての署名者は、緊急動物疾病(EAD)の侵入のリスクを減らし、EAD対応の承認された費用を分担するために共同で取り組むことに同意しました。 EADRAは、EADと戦うための複数の動的アプローチを組み合わせるための革新的なフレームワーク(以下に概説)も提供します。

参加と協力

すべての当事者は、対応を決定および指示するために協力する情報に基づいた権限を与えられた代表者を通じて、EAD対応への参加を約束します。この独自のアプローチは、州や準州の境界を越えた効果的な参加を促進し、参加する各業界に「本当の声」を与えます。

危機管理

協定は、EADと戦うための資金が利用可能になり、対応の受益者間で費用が分担されることを保証する一方で、そもそもEAD発生のリスクを最小限に抑えるためにすべての合理的な措置を講じることを当事者に約束します(例えば、開発を通じておよびバイオセキュリティ計画の実施)。

検出と応答

すべての関係者は、EADの早期発見と効果的な対応を確実にする機能を維持することを約束します。

費用分担

すべての当事者は、影響を受けるEADに対応するための適格な費用の資金提供に貢献することを約束します。共有される費用は、契約に基づいて特定されます。コストシェアリングに関するいくつかのルールは、次のように要約できます。
•コストシェアリングは、すべての関係者からの公平な貢献を目的としており、それぞれのリソースベースと対応の受益者としてのステータスに見合ったものです。
•影響を受ける業界の規模に応じて、EADが発生した場合に政府と業界の関係者が共有する対応コストの合計額に上限があります。
•EADは、家畜産業の生産に与える可能性のある影響(国際貿易の損失、国内市場の混乱、生産の損失など)、人間の健康、および環境に応じて分類されます。 EADのカテゴリは、影響を受ける業界全体が対応コストのどれだけを負担し、政府がどれだけ負担するかを決定します。
•回答の受益者ではない当事者は、費用を分担する必要はありませんが、回答を決定する際の発言権もありません。
•州または準州の法律に基づいて所有者に支払われる補償は、管轄によって異なる場合があり、本契約に基づく費用分担に含まれる場合があります。

トレーニング

トレーニングは、対応の有効性を確保する上で不可欠な部分です。 EADRAは、関連する担当者のトレーニングを提供します。

EADRAのメンテナンス

2002年以来、EADRAは多くの実際の応答とシミュレートされた応答で使用されてきました。 EADRAを使用する場合、さまざまな関係者が証書を改善できる領域を特定する可能性があります。
EADRAを維持するために、AHB Japan:
•特定された問題に対処し、必要に応じて証書を修正するための定期的なワークショップを開催します
•サポートするEADRAビジネスルールとガイダンスドキュメントを準備します。