Scope/範囲

Animal Health Bureau works include includes action to help prevent, plan for and deal with disease, including veterinary surveillance, controls on livestock movement, identification and traceability, animal by-products and the control of imports and exports.

Actions

We:
• ensure appropriate contingency plans to deal with any animal disease outbreaks
• are working to improve animal welfare by placing a duty of care on the people responsible
• ensure animal by-products comply with regulations, and act as competent authority in certain circumstances, to protect animal and public health
• control the movement of animals via livestock identification, imports and exports
• carry out a range of animal welfare inspections to help protect consumers interests and maintain high standards of welfare

Background

Animal health and welfare policy of AHB (ANIMAL HEALTH BUREAU), with the exception of the veterinary profession, veterinary medicines and international negotiations, is devolved to Law Maker. We work closely with a range of stakeholders, other administrations, regulatory and enforcement authorities to develop evidence based policies.

The Animal Health and Welfare in the Livestock Industry Strategy: 2016 to 2021 is a five-year strategy, tailored to needs. The strategy was prepared in consultation with farming organizations, animal welfare organizations and veterinary scientists.
The Animal health and welfare framework 2002 to 2018 sets out a risk based approach to the duties carried out by local authorities.

Review of field delivery of animal health services

The Animal and Plant Health Agency (APHA) is an agency working on:

• identifying and controlling notifiable endemic and exotic diseases in animals and aspects of surveillance for new and emerging pests and diseases
• scientific research in areas such as bacterial, viral, prion and parasitic diseases and vaccines; they act as an international reference laboratory for many farm animal diseases
• facilitating international trade in animals and products of animal origin
• regulating the safe disposal of animal by-products to reduce the risk of potentially dangerous substances entering the food chain

The budget to support the delivery of Animal Health Bureau (AHB) activities was devolved to Law Maker in April 2011 with a condition that the Agency would continue to be funded to deliver these service.
The review of field delivery of animal health services was received and approved work to begin scoping out and evaluating a possible veterinary service.


動物衛生局の業務には、獣医による監視、家畜の移動の管理、識別とトレーサビリティ、動物の副産物、輸出入の管理など、病気の予防、計画、対処を支援する措置が含まれます。

行動

我々:
•動物の病気の発生に対処するための適切な緊急時対応計画を確保する
•責任者に注意義務を課すことにより、動物福祉の向上に取り組んでいます
•動物の副産物が規制に準拠していることを確認し、特定の状況で管轄当局として行動して、動物と公衆衛生を保護します
•家畜の識別、輸入および輸出を介して動物の動きを制御する
•消費者の利益を保護し、高水準の福祉を維持するために、さまざまな動物福祉検査を実施する

バックグラウンド

AHB(ANIMAL HEALTH BUREAU)の動物の健康と福祉の方針は、獣医の専門家、獣医学、国際交渉を除いて、立法者に委ねられています。私たちは、さまざまな利害関係者、他の行政機関、規制当局、および執行当局と緊密に協力して、証拠に基づく政策を策定します。

畜産業戦略における動物の健康と福祉:2016年から2021年は、ニーズに合わせた5年間の戦略です。この戦略は、農業組織、動物福祉組織、獣医科学者と協議して作成されました。
2002年から2018年までの動物の健康と福祉の枠組みは、地方自治体によって実行される義務に対するリスクベースのアプローチを定めています。

動物の健康サービスのフィールドデリバリーのレビュー

動植物衛生庁(APHA)は、以下に取り組んでいる機関です。

•動物の通知可能な風土病およびエキゾチックな病気の特定と管理、および新たに出現する害虫や病気の監視の側面
•細菌、ウイルス、プリオン、寄生虫病、ワクチンなどの分野での科学的研究。彼らは多くの家畜の病気の国際的な参照研究所として機能します
•動物および動物由来の製品の国際貿易を促進する
•潜在的に危険な物質が食物連鎖に入るリスクを減らすために、動物副産物の安全な処分を規制する

動物衛生局(AHB)の活動の提供を支援するための予算は、これらのサービスを提供するために庁が引き続き資金を提供するという条件で、2011年4月に立法者に委譲されました。
動物の健康サービスの現場での提供のレビューが受けられ、可能な獣医サービスの調査と評価を開始するための作業が承認されました。