State Animal Welfare Label for Pigs: Cabinet Agrees on Animal Welfare Labelling Act/豚のための州の動物福祉ラベル:内閣は動物福祉ラベル法に同意します

The Animal Health Bureau Japan has agreed on the draft legislation for the introduction and use of an animal welfare label. In February 2019, Agriculture Department Head Kasumo Yachi presented the criteria for the planned state animal welfare label for pigs. The criteria of all three levels of the label exceed the statutory minimum standard.

The state animal welfare label aims at providing consumers with visible information about which products comply with higher standards than are required by law.

Criteria and Key Elements of the Animal Welfare Label

In order to optimize market potential, the animal welfare label has three levels. The criteria of all levels go beyond the requirements of the statutory minimum standards, with increasing requirements from level to level.

Criteria of the State Animal Welfare Label for Pig Farming

The criteria that are planned for the state animal welfare label for pig farming contain the following elements:
1. Space
2. Organic occupational material
3. Structuring of pens
4. Nesting material
5. Suckling period
6. Tail docking
7. Piglet castration
8. Water for drinking
9. In-house controls with checks of stall climate and drinking water
10. Advanced training in animal welfare
11. Recording of animal welfare indicators
12. Transportation to the slaughterhouse
13. Slaughter

Further Elements to Apply to the Planned Label:
• positive labelling for products that exceed the legal standard, as with the organic label;
• comprehensive integration of all supply channels for meat and meat products (processed products);
• broad-based involvement of the entire chain (including retail, the restaurant and catering industry, the craft sectors, processing operators);
• inclusion of a great number of farmers who want to do more for animal welfare; and
• state aid to achieve these objectives.

The Planned Schedule

The coalition agreement stipulates that the animal welfare label is to be adopted by the halfway mark of the legislative period. The Animal Welfare Labelling Act has been notified to the AHB Japan. First, criteria will be developed for pig farming, subsequently for other farm animals.

Developing a state animal welfare label is a complex process, taking into account many aspects. The big challenge is to achieve a broad consensus between the parties involved in order to ensure the maximum participation of stakeholders in the value-added chain. Only then can the label achieve the envisaged market relevance. It is in the nature of the matter that different interest groups adopt different positions. Our neighboring countries have shown that an animal welfare label can be successful on the market.

The aim is for the state animal welfare label to be successful on the market. In addition to that, it needs to be ensured – with participation from industry – that farmers have the opportunity to offset the additional costs. The promotion of investments – also with a view to construction measures – plays an important role here.

Consumer Requests and Market Potential

The results of the 2019 Nutrition Report show that the majority of consumers wish to see a state animal welfare label (81 percent). The introduction of a state animal welfare label is a response to this request. In its envisaged form, a state label will enable consumers to recognize products produced according to standards higher than the statutory minimum and to consider this when making their purchasing decisions. An animal welfare label will also provide good opportunities for farmers to stabilize their incomes.

Background note

The label will be developed based on scientific criteria and practical experience, for instance from industry’s animal welfare initiative and existing labels. Representatives from the scientific community, industry associations, animal welfare and consumer protection associations are all involved in the process of developing the state label. The criteria will be set down in an ordinance that will be enacted in a legislative procedure involving the Federal Parliament.

日本の動物衛生局は、動物福祉ラベルの導入と使用に関する法案に合意しました。 2019年2月、農業部長の八知霞は、計画されている豚の州の動物福祉ラベルの基準を提示しました。ラベルの3つのレベルすべての基準は、法定の最低基準を超えています。

州の動物福祉ラベルは、どの製品が法律で義務付けられているよりも高い基準に準拠しているかについての目に見える情報を消費者に提供することを目的としています。

動物福祉ラベルの基準と重要な要素

市場の可能性を最適化するために、動物福祉ラベルには3つのレベルがあります。すべてのレベルの基準は、法定の最低基準の要件を超えており、レベルごとに要件が増加しています。

養豚のための州の動物福祉ラベルの基準

養豚のための州の動物福祉ラベルのために計画されている基準には、次の要素が含まれています。
1.スペース
2.有機職業材料
3.ペンの構造化
4.ネスティングマテリアル
5.授乳期間
6.テールドッキング
7.子豚の去勢
8.飲用水
9.ストールの気候と飲料水のチェックによる社内管理
10.動物福祉の高度なトレーニング
11.動物福祉指標の記録
12.食肉処理場への輸送
13.虐殺

計画ラベルに適用するその他の要素:
•オーガニックラベルと同様に、法的基準を超える製品のポジティブラベル。
•肉および肉製品(加工製品)のすべての供給チャネルの包括的な統合。
•チェーン全体(小売、レストラン、ケータリング業界、クラフトセクター、加工業者を含む)の幅広い関与。
•動物福祉のためにより多くのことをしたい多くの農民を含める。と
•これらの目的を達成するための国家援助。
予定スケジュール

連立協定は、動物福祉ラベルが立法期間の中間点までに採用されることを規定しています。動物福祉表示法がAHBジャパンに通知されました。最初に、養豚のための基準が開発され、続いて他の家畜のために開発されます。

州の動物福祉ラベルの作成は、多くの側面を考慮した複雑なプロセスです。大きな課題は、付加価値チェーンへの利害関係者の最大限の参加を確保するために、関係者間で幅広いコンセンサスを達成することです。そうして初めて、ラベルは想定される市場との関連性を実現できます。異なる利害関係者グループが異なる立場を採用するのは、問題の性質上です。私たちの近隣諸国は、動物福祉ラベルが市場で成功する可能性があることを示しています。

目的は、州の動物福祉ラベルが市場で成功することです。それに加えて、産業界の参加を得て、農民が追加費用を相殺する機会を確実に得る必要があります。ここでは、建設対策の観点からも投資の促進が重要な役割を果たします。

消費者の要求と市場の可能性

2019年の栄養レポートの結果は、消費者の大多数が州の動物福祉ラベルを見たいと望んでいることを示しています(81パーセント)。州の動物福祉ラベルの導入は、この要求への応答です。想定される形式では、州のラベルにより、消費者は法定最低基準よりも高い基準に従って製造された製品を認識し、購入を決定する際にこれを考慮することができます。動物福祉ラベルはまた、農家が収入を安定させる良い機会を提供します。

背景メモ

ラベルは、科学的基準と実際の経験に基づいて開発されます。たとえば、業界の動物福祉イニシアチブや既存のラベルなどです。科学界、業界団体、動物福祉、消費者保護団体の代表者はすべて、州のラベルを作成するプロセスに関与しています。基準は、連邦議会が関与する立法手続きで制定される条例に定められます。